トリスタンとイゾルデのあらすじ|映画・本で有名な恋話!?

フランスのシュノンソー城

中世フランスの恋愛物語「トリスタンとイゾルデ」はとても情熱的な愛のお話
ケルトに起源をもつ、宮廷文学の最高峰の1つにも挙げられます。

長年にわたってヨーロッパを中心に愛されてきたトリスタンとイゾルデの物語は、
多くの作家によって改訂や創作が加えられてきましたが、
基本的なストーリーの本筋については変えられることはありませんでした。

トリスタンとイゾルデのあらすじ

トリスタンの誕生

物語はトリスタン(騎士)の悲しい出生から始まります。
トリスタンが生まれた頃の中世ヨーロッパでは各地で多くの戦闘があり、
幼い頃に父親は戦死、そして母親も後を次ぐように亡くなってしまいます。

両親を早くにして失ったトリスタンは叔父であるコーンウォール(イギリスの南西端)のマーク王
引き取られ育てられました。そんなマーク王はトリスタンに対して実の父と息子のような関係で
接したことで美しく、強く、格好いい若い騎士として育ちました。

モルオルトとの決闘

一方で、コーンウォールはアイルランド王国に侵攻を許して征服されてしまいます。
トリスタンは育ちの地であるコーンウォールを、取り戻すために立ち上がるのです。

アイルランド王国の騎士であるモルオルトに決闘を挑み、勝利しますがモルオルトの剣には
毒が塗られていたため、傷口から深い呪いにかかってしまいます。
帰りの船での航海の間に呪いは身体を蝕んでいき、トリスタンは死を覚悟します。
呪いを自国で広げるわけにもいかないので、船上の仲間に頼み敵地であるアイルランド王国の
砂浜に身を潜め天に召されるのを待つことにしたのです。

イゾルデとの出会い

ある日、アイルランド王国の姫であるイゾルデは砂浜に横たわるトリスタンを発見します。
イゾルデにとっては敵であるコーンウォールの騎士なのですが、
優しい性格から彼に同情して愛情を込めて呪い・傷口の治療をしたのでした。

イゾルデの美しさ、そして優しさに惚れたトリスタンは、そのまま恋に落ちる。。。のでは無く
大切なコーンウォールのために、実の父のように慕っていたマーク王のお嫁さんとして目を付け、
アイルランドの王に政略結婚を申し入れるのです。
これは受け入れられ、イゾルデはトリスタンと共にコーンウォールの姫、そしてマーク王のお嫁さんに
なるため、ともに帰還することになります。

トリスタン
我が国にふさわしいお姫様を見つけたぞ!
連れて帰りマーク王と結婚させてコーンウォールを取り戻そう!
イゾルデ
ええ(x_x;)何その発想。。。私はあなたが好きのに。。。もう死のう。。。

愛の媚薬

トリスタンに心惹かれていたイゾルデは、マーク王と結婚するぐらいなら一緒に死んだほうが良い!
と考え、船上で毒を飲んで自殺を図ることにしますが、イゾルデの侍女(身の回りの世話をする人)
であるブランゲーネは自殺を止めるために、毒では無くマーク王との初夜前に飲む媚薬を代わりに
手渡し2人に飲ませることにしました。
この媚薬を飲んだ結果イゾルデとトリスタンはお互いに惹かれ合い急激に恋に落ちてしまいます。

結婚したけど即不倫

契約上はマーク王のお嫁さんとなったイゾルデですが、トリスタンを忘れられるわけもなく
お互いに密会を続けます。言ってしまえば不倫ですね。
ブランゲーネは王にバレてしまう前に密会を辞めるよう何度も説得をしますが、
2人がそれを受け入れる訳はありません。

バレる

マーク王からすると国を救い、嫁も連れてきてくれたトリスタンに全幅の信頼を寄せていましたし、
政略結婚とは言えど優しいイゾルデに対して本当の愛を注いでいました。
そんな信頼していた2人が密会している現場を王は見てしまいましたщ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!

怒りの復讐の始まりです。家臣であるメロートにトリスタンを葬り去るよう命じます。
驚いたトリスタンは応戦する間もなく、メロートの剣を受け重傷を負いますが、
命からがらなんとか従者であるクルヴェナールと共に逃げることに成功します。

イゾルデの腕の中で永遠の眠りへ

クルヴェナールはイゾルデを呼びよせますが、傷は酷く看病も報われずトリスタンはイゾルデの
腕の中に抱かれたまま、永遠の眠りについてしまうのでした。

トリスタンとイゾルデ [DVD] トリスタンとイゾルデ [DVD]
ジェームズ・フランコ,ソフィア・マイルズ,ルーファス・シーウェル,デビット・パトリック・オハラ,ケビン・レイノルズ

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
売り上げランキング : 22839

Amazonで詳しく見る

媚薬に王が気が付く

怒りの命令を下したあとにマーク王は、2人が引き合っていた理由が媚薬にあることを知ります。
しかし時は既に遅し、、、イゾルデもトリスタンの後を追うように天に召されていくのでした。。。

媚薬は怖い

実際はもっと色々な登場人物や国同士の覇権争いの話があって、
奥深いのですがあらすじということでこの辺で。。。

現代人にはピンッ!とこない話の展開も多々ありますが、
約800年も語り継がれている恋のお話です。
オペラや舞台などでもお馴染みですので機会があったら鑑賞しに行くのもいいかもしれません!?

スポンサーリンク