お部屋を春模様に衣替えをして明るく居心地の良い空間に!

春のインテリアとお部屋作り

長かった寒い冬も気が付けば、もう終わりに近づいて春の足音が聞こえてきました。

お日様が出ている時間も長くなり、心地よい季節の到来で、
桜を始めとしてお花が咲いている光景を見かけるようになりましたね。

ただ外に出ないと中途半端に寒かったり、風の音が強かったりで、微妙な日も多いですが。。。
花粉症の人にとっては1番辛い時期なのかもしれませんし(x_x;)

ネガティブなことは置いておいて、少しでも春を楽しむために、
普段過ごすことが多いあなたのお部屋を春模様に変えてみませんか?

お部屋で春を感じる

色は3色

インテリアの基本と言われることですが、使う色は多くても3種類がお勧めです。
メインは1色にして、多くても+2まで!

4色以上になると煩雑に見え、お洒落というよりは奇抜なイメージとなってしまいます。

春は原色ではなくてパステルカラーがいいかもしれません。

  • 明るくしたいのなら桜をイメージしたピンクを使って、他はパステルのイエロー、グリーン
  • 落ち着いたトーンならベージュをメインに、青色、紫色

観葉植物

春といえば植物!?ということで、まだ持っていない方はお部屋に置いてみてはどうでしょうか?

玄関や廊下でも良いですし、1つでも緑の物があると雰囲気もガラッと変わり、
お洒落な空間の出来上がりです。

面倒臭がりの人はフェイクの観葉植物でもいいかもしれません。
当たり前ですけど水やりは不要ですし買ったら半永久的に使えますしね。

花柄

花柄といったら洋服ばかりに目がいきがちですが、布団やシーツ、タオル、玄関マットなど
視点を広げると、多くのアイテムが揃っています。

今まで使ってなかった人だとちょっと勇気がいるかもしれませんが、
お洒落に見えることは間違いありません。

ヒマワリ柄には注意ですけどね、、、思いっきり夏のイメージですので。

ポイントとしては花柄にも統一感を持たせること!

ウォールステッカー

最近流行っているウォールステッカーを使って春を演出することができます。

田園風景、牧場の風景、人のいない海岸、そして花柄など人それぞれ、
春のイメージは違うと思いますが、あなたの思い描く風景を貼ってみましょう。

 

@stencilslabが投稿した写真

まとめ

  1. 色はメインを1色使って、多くても3色まで!
  2. 冬を忘れるためにも明るい観葉植物を置いてみる
  3. 花柄をインテリアに取り入れることで、より春らしさアップ
  4. ウォールステッカーは部屋のイメージを一変させることができます

ストーブ・炬燵・毛布などの暖房器具等を片付けるだけではなく、
せっかく来た春を楽しむために、1度あなたのお部屋も春仕様にしてみると
新たな発見があるかもしれません。

スポンサーリンク