熟年離婚予防はペットを飼うのが1番!ただ副作用もある!

熟年離婚予防は ペットを 飼うのが1番! 副作用もある!

前回の記事→熟年離婚は子供にも責任・原因がある理由を息子が語る!では
悲しいことばかり書いたので、今回は離婚しないためのことを!

夫婦間も仲が悪い、兄妹間も仲が悪い中で、唯一家族間で1つになれることは
飼ってたペット、ワンちゃんに関することだけでした!

ワンちゃんが天国に行ってしまったので、家にいる意味がなくなり
僕は一人暮らしを初めて、親は熟年離婚しました。。。
ということで、犬がいる間は離婚をしない理由とその副作用!?
を書いていきます。

家族同士の会話が多くなる

家族の共通の話題といえば、妹に彼氏ができたとか
僕の就職が決まったとかではなく、飼ってた犬(名前はロケ君)の話題です。

会話の半分以上はロケ君関係。
今日はご飯食べたとか、よく吠えるとか、元気がないとか、よく寝るとかね!

数少ない親同士の会話で、1番良く聞いたのが
「ロケ君のご飯買ってきて!」という母親の言葉です。
何とも寂しい?話ですがね、、、

ただこんな会話でも、無いよりは絶対良いです!
聞こえてくると、少しは希望が持てますので、、、
まだ夫婦間で会話はあるんだ!良かった!って思えます。

懸け橋になってくれる

ロケ君が家族間の懸け橋となってくれていました。
家族みんなが笑うことといえば、ロケ君の話題だけ!
居なかったら会話も無く、笑顔も無なかったでしょう。

ペットがいる間は離婚しない!?

ここまで書いてきた通り、ロケ君がいたからこそ
家族として最低限の会話はありました。

漠然とした僕の考えでは、ロケ君がずっと元気だったら、
今も親は離婚をしていないと思います。
仲良さげに見えることもあったしさ!

ペットが天国に行った後

冒頭に書いた副作用という言葉。
ペットが天国に行った後に効いてきますね。。。

ロケ君がいたからこそ家族関係をなんとか保てるわけですが、
唯一の懸け橋が無くなったら終わりです。

会話が無くなる

本当に会話が無くなります。
ロケ君がいなくなってから、夫婦間での会話をほとんど聞いたことはありません。
「ロケ君のご飯買ってきて!」っていうのも無くなったしさ。
もう喋ることも無くなった感じです。

雰囲気が悪くなる

喧嘩が多くなったとか、そういうことは無かったですけど、
単純に口数も減るし、共通の話題も無くなるしで、雰囲気も悪くなります。
家族と一緒にいる意味が無くなりました。

冒頭にも書きましたが、家族で会話が無いのに
僕が実家暮らしをしていた理由は、ロケ君に会うためだったしね!

ペット中心の家族は危ない!

会話の半分がペットに関することの家族は危険ですね。
ペットが天国にいったら、ぽっかり穴が開いて、修復不可能になる恐れが!

僕の家族もそうでした。ロケ君がいなくなった穴は誰にも埋めることはできません。

今、こんな状況のご家庭は早めの対処をオススメします!
対処方法は僕にも分かりませんが。。。

スポンサーリンク